ハンバーグ師匠のセリフに笑いが止まらない

令和元年を迎え気持ちも新たに・・・
と思った矢先に帰ってきたハンバーグ師匠。

TBSの「ドリーム東西ネタ合戦」に出演していました。

平成を彩ったネタを披露、令和がちょうどいい芸人として登場した
ハンバーグ師匠ですが、相変わらずのカウボーイスタイルで
ハンバーグ絡みのダジャレをものすごいテンションで放つ
という芸風は変わっていませんね。

そんなハンバーグ師匠のセリフは、目新しい逆ではないものの
そのテンションの高さに、笑いが止まらなくなるというもので

一見の価値はあると思います。

そんなハンバーグ師匠のセリフや正体についてまとめてみました。

 

スポンサードリンク


ハンバーグ師匠とは

ハンバーグ師匠という芸人は、実はお笑いコンビの
スピードワゴンのツッコミ「井戸田潤」さんです。

スピードワゴンではなく、ピンで活動するときの芸名みたいですね。

特徴的なカウボーイファッションと腰の巨大なナイフとフォーク、
ベルトのバックルはもちろんハンバーグです。

ハンバーグ師匠のネタは、ある程度スタイルが決まっていて、
ネタのパートによってセリフがある程度決まっています。

見ている側からすると、決まった構成で笑いが取れるのか?
と思うかもしれませんが、ハンバーグ師匠の異常なまでに
高いテンションと、見ている側の予測を裏切るようなダジャレ。

ツボにはまると、笑いが止まらなくなります。。。

スポンサードリンク

ハンバーグ師匠のセリフとは?

セリフ:つかみ

「この街も変わらねぇなぁ。
 どうした、付け合わせのミックスベジタブルを見るような目で
 俺を見やがって。
 忘れちまったか、俺だよ俺。ハンバーグだよ!」

つかみの部分は毎回このような感じではじまりますね。

セリフ:ネタ

ミックスベジタブルを見るような目で
ハンバーグ師匠を見つめる観客に向かって
「熱々の鉄板ジョーク」
としてハンバーグにちなんだダジャレを放つ。

ネタを重ねるごとに、100g、200gと増えていきますが、
いくつネタを披露するかは、登場するときによって異なるようです。

ネタを披露した後、「ジャジャーーーーン」と効果音がなり、

「ハンバーーーグ!!」と叫ぶ。

初めて見たときから、このネタ構成は不変のようです。

ネタについては、あまり新ネタというのは見たことがないので、
テンションで押し切っている感じもありますが(笑)

 

セリフ:オチ

ネタが終わるとおもむろに「元気ですか!」

なんでアントニオ猪木?とやや置いてけぼりになった観客に

「ご唱和ください!7、8、9、10(ジュ~!)」

これで一通り終了となります。

 

スポンサードリンク

まとめ

文章にしてみて、ほんと面白くないな(笑)と感じましたが
実際にテレビなどで見てみると、

井戸田さん、いやハンバーグ師匠の絶妙な間の取り方や、
テンションの高さに笑いが止まらなくなることは必至です。

「令和がちょうどいい芸人」というテロップがなんかしっくりきました。