吹田市千里山交番の襲撃犯の顔画像が公開尼崎市在住の男の素顔は?

6月16日の早朝5時40分ごろ、交番前で警官が血を流して倒れていると、近くの駅員から110番通報がありました。

被害にあったのは大阪府警吹田署千里山交番に勤務中だった、同署地域課の『古瀬鈴之佑』巡査(26歳)。

病院に搬送されたものの現在意識不明の重体となっているそうです。

犯人は古瀬巡査の胸などを刃物で刺した後、同巡査の所持していた拳銃を奪い逃走中とのことです。


事件の経緯

事件が発生する直前に、千里山交番に空き巣が入ったとの通報があったようです。

後で捜査が進みわかったことですが、この通報は隣駅の「関大前駅」構内の公衆電話から発信され男の声で「家に帰ると室内が荒らされていた」といった内容でした。

当時勤務していた古瀬巡査を含む3名の警官のうち、他の2名がバイクで現場に急行。

遅れて古瀬巡査が現場に向かおうと交番を出た際に、犯人は犯行に及んだとみられています。

空き巣被害のほうは実際には起こっておらず、犯人による狂言だった可能性が高いようですね。

計画的で非常に悪質な警官を狙った拳銃強奪事件です。

<虚偽の110番通報に使われた公衆電話画像>

犯人の顔画像、住所や犯行時の服装なども公開

犯行時直前の午前4時15分~5時くらいの間に、千里山交番の防犯カメラの写真が公開されています。

<公開された犯人の画像>

引用:https://www.jiji.com/jc/article?k=2019061600140&g=soc&p=20190616at15S&rel=pv

<犯人の特徴>

  • 身長:170~180cm
  • 服装:白いTシャツの上に、黒の長袖ジャンパー
    青っぽい長ズボンに、白っぽい帽子を被っていたとのこと
  • 年齢:30代ぐらい

大阪府警吹田警察署は、犯人の目撃情報など情報提供を呼びかけています。

犯行現場はどんな場所?

犯行現場となった千里山交番は、阪急千里線千里山駅に面したロータリーにあり、見晴らしがかなり良い場所のようですね。

時間が早朝5時40分とのことなので、人通りは駅前とは言えそこまで多くはなかった模様です。

まとめ

拳銃を奪う目的で、勤務中の警察官を狙った強奪事件が仙台市、富山市で連続して発生しています。

当局側も警戒し、装備の仕方や勤務体制を見直している最中に発生した拳銃強奪事件となりました。

奪われた拳銃の使用目的などは不明ですが、実弾が5発装填された状態で持ち去られたとのことです。

近隣の住民の方の不安は、とても大きいと思います。

近くの学校などでは、2次被害を防ぐために「休校」とするなどの措置が早くも検討されているとのこと。

一日も早い犯人の逮捕を望みます。